1回生ブログリレー「1回生チームを終えて」1回生コーチ 塩路遼

OBOG、保護者の皆様、日頃より弊部の応援をして頂き誠に有難う御座います。
今年度一回生コーチを務めました、塩路遼と申します。
MGの計らいでコーチの僕達もブログを書けるということで、思いのままに書かせて頂きたいと思います。
僕の少し偏った考えが入っているかも知れませんが、軽く読んで頂けたらと思います。

「結果」

この言葉をより強く痛感した1年だった。

一回生コーチが始まり、サマーステージ、京都カップをなんとか優勝し、三冠まで後一つ。
手を伸ばせば届くところにあったとは思っている。

しかし、蓋を開けてみたら結果はウィンターステージ予選敗退。

一回生チームの皆の頭の中にもウィンターのことがより深く残っていると思う。

これが僕達23年度一回生チームの「結果」である。

一回生の中には、僕達コーチを日本一だったと言ってくれている子もいるが、僕は「まだ」違うなと思う。

君達の力で日本一という「結果」を残した時、
僕達コーチも初めて日本一になれると思っている。

だから、絶対に結果を残してほしい。
結果で僕達がやってきたことは間違いなかったと「証明」してほしい。

ここまで「結果」に執着するのは、やはり現役時代の入れ替え戦が自分の中でも特に強く刻まれているからだと思う。
2部リーグを全勝し、絶対に昇格できると信じていた。

しかし、昇格は出来なかった。

思い返せば幾つもの後悔が浮かび、自分の4年間を否定したくなった事もある。

君達にはそんな思いはしてほしくない。
自分たちの努力を証明できるのは、結果だ。

たまにふと、一回生チームの決起MTGの日を思い出す時がある。
あの時のみんなの目の輝きを僕はまだ覚えている。
今上手くいってなくても、あの目の輝きの奥にあった目標に向かう道はまだ始まったばかりである。

目標に向かって1cm、1mmでもいいから進み続けて欲しい。地道に小さな目標達成、成功体験から積み重ねていこう。基準がわからなくなった時は是非武者に行って欲しい。(関東)

もし道に迷ってしまったら、いつでも頼ってほしい。ご飯でも飲みでもいこう。

コーチとしての接し方があまりわからず、きつくあたってしまった部分もあると思うが、そんな僕の言うことについてきてくれて本当にありがとう。

君達のこれからの3年間のラクロス人生がさらにより良くなることを心から祈ってます。

OB、保護者の皆様へ
今年の一回生は今後のリーグ戦でも名を馳せる選手が多くいると思います。彼らは今後の阪大ラクロス部の未来をより明るくしてくれる存在だと信じています。今後も弊部への変わらないご支援、応援の程宜しくお願い致します。

一回生のみんなへ
上記の通り、OB、保護者の皆様に大口を叩いてしまったので、必ず来年度以降リーグ戦で活躍してください。期待していますよ。

拙い文章ではございますが、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪大学男子ラクロス部広報部です。
SNSの運営や新勧PVの作成を行っています。

コメント

コメントする

目次